サンティグラフ・スヴラン チタニウム
Series 限定モデルシリーズ
F.P.ジュルヌの限定モデルをご覧ください

サンティグラフ・スヴラン チタニウム Calibre 1506

ルテニウム文字盤
チタニウム製のケース(直径40mm/厚み10.70mm)
バリエーション
ルテニウム文字盤
チタニウム製のケース(直径40mm/厚み10.70mm)
Calibre 1506
技術仕様
ムーブメント :
  • 手巻き :
  • 18Kローズゴールド製ムーブメント : 石数:50石
ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 34.40mm
  • ケーシング直径 : 34.00mm
  • ムーブメント全高 : 5.60mm
  • 巻き芯までの高さ : 2.69mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S1.20mm
  • :
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし 
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへレーザーによって固定

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・cm2

拘束角 :

    52°

振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約320°
    24時間後水平姿勢 約280°

脱進機 :

    インラインレバー脱進機、15枚歯のガンギ車

表示 :

    中心に配置された時分針
    10時位置に1秒積算計
    2時位置に20秒積算計
    6時位置に10分積算計

クロノグラフ :

    クロノグラフ輪列は時刻輪列と同じ香箱によって駆動される
    1/100秒のクロノグラフ
    パワーリザーブ:
    クロノグラフ停止時は80時間以上
    クロノグラフ作動時は24時間

装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ(サーキュラー)仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

その他の特徴 :

    ロッカーアームによってスタート、ストップ、リセットのクロノグラフ機能の操作
    3つのポジションを持つリューズ
    ポジション1:機能なし
    ポジション2:巻上げ(引き出して巻き上げ)
    ポジション3:時刻調整

部品点数 :

    ムーブメント:284
    ケースにストラップを取り付けた状態 :324


ムーブメントについて
Brevet - 特許 – クロノグラフ N°: EP 07405107 | ロッカーアーム N°: EP 1818734 A1 
技術詳細

手巻き機械式クロノグラフムーブメントのサイズは15リーニュ×5.60mm、21,600振動/時、ベースプレートとブリッジは18Kローズゴールドで製作されています。
サンティグラフは1/100秒から10分までの時間の流れを表示することができます。
比類ないこのクロノグラフムーブメントのために、F.P.ジュルヌはリュウズの上下にある従来のプッシュボタンの代わりに2時位置のケース側面に組み込まれたロッカーアームによってスタート、ストップ、リセットが行われるシステムを開発しました。そして、クロノグラフを通常の時刻表示機構から独立して作動させるため、クロノグラフの作動時もバランスホイールの振り角にはほとんど影響を及ぼすことはありません。これら2つの革新は特許を取得しています。
時計の表示
時計について
サンティグラフ・スヴラン チタニウムは、世界のF.P.ジュルヌブティックのオープン10周年を記念して製作されたモデルです。この時計は香港ブティックが2016年10月6日で10周年を迎えるにあたり、限定数20本で発表されました。続く10月7日には東京ブティックにおいて10本限定で発表されました。この時計はいままでのF.P.ジュルヌのチタニウム製記念モデルに続くモデルです。(2005年のクロノメーター・スヴラン、2006年のクロノメーター・レゾナンス、2007年のトゥールビヨン・スヴラン、2010年のオクタ・パーペチュアル)

この限定モデルでは色彩の完璧な調和が実現されています。ポリッシュ仕上げのチタニウム製40mmケース、インダイヤルにサファイアを用いたルテニウム文字盤、リューズとロッカーアームは18Kローズゴールド製で、手巻き機械式ムーブメントは18Kローズゴールド製、ストラップはバーガンディーカラーのアリゲーターです。
サンティグラフ・スヴラン チタニウムは10周年を迎えたブティックでのみお求めいただけます。それらは全てシリアルナンバーとブティックの名前が刻印されます。
F.P.ジュルヌは今後もブティックの周年記念を祝い、同モデルを製作します。2017年5月にはジュネーブブティック、2018年はパリ、2019年はニューヨーク、2022年はバル・ハーバー、2023年はロサンゼルス、そして2024年はベイルートです。
サンティグラフ・スヴランは今までにない機械式クロノグラフで、1/100秒から10分までの経過時間を赤の目盛りを持つ3つのインダイヤル上で表示します。

10時位置のインダイヤルの針は、1/100秒ごとの目盛り上で1秒間に1回転します。2時位置のインダイヤルの針は、1秒ごとの目盛上を20秒で1回転。6時位置のインダイヤルの針は10分で1回転します。

特許取得の人間工学的クロノグラフ作動装置
クロノグラフ機能は、リュウズの上下にある従来のプッシュボタンの代わりに2時位置のケース側面に組み込まれたロッカーアームによってスタート、ストップ、リセットが行われます。独自開発した人間工学に基づくロッカーアームは特許取得済みです。

特許取得のクロノグラフメカニズム
2つ目の特許を取得したのは、クロノグラフを通常の時刻表示機能から独立して作動されるための精巧なメカニズムです。これにより、クロノグラフの作動時もバランスホイールの振り角はほとんど影響を受けません。


F.P.ジュルヌのサンティグラフを購入されたお客様は、ICM(Institute for Brain and Spinal cord Disorder : パリに本拠を置くアルツハイマー型認知症や、パーキンソン病、多発性硬化症といった脳と脊髄の障害についての研究を行っている協会)の医療研究の前進のため貢献します。フランソワ-ポール・ジュルヌはジェラール・サイヤン教授、リュック・ベッソン、ミッシェール・ヨー、ジャン・レノ、ジャン・トッド、ミハエル・シューマッハなどと共にICMのこの取り組みに参加し、サンティグラフ・スヴラン同様、販売利益の30%はICMに継続的に寄付されています。www.ICM-INSTITUTE.ORG

サンティグラフ・スヴランに与えられた賞
サンティグラフ・スヴランは、2008年ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリで金の針賞を受賞しました。そして、2009年にはTimezone.comによりウォッチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。

F.P.ジュルヌのブティック記念モデル
2005年、東京ブティックの1周年を祝うために最初のアニバーサリーモデルで特別なクロノメーター・スヴランが20本製作されました。この時計は初めてチタニウム製のケース、ルテニウム文字盤、そして18Kローズゴールド製のムーブメントを搭載しました。2006年の東京ブティック2周年のために、F.P.ジュルヌは12本限定で特別なクロノメーター・レゾナンスを製作しました。この時計もチタニウム製のケース、ルテニウム文字盤、そして18Kローズゴールド製のムーブメントを搭載していました。
2007年の東京ブティック3周年には、ルモントワール機構とデッドビートセコンドが搭載された特別なトゥールビヨン・スヴランを、東京、香港、ジュネーブ、ボカラトンに5本ずつ計20本製作しました。この時計もチタニウム製のケース、ルテニウム文字盤、そして18Kローズゴールド製のムーブメントを搭載していました。

2009年には世界初のF.P.ジュルヌブティックとしてオープンした東京ブティックの5周年を祝って、オクタ・パーペチュアルを99本限定で製作しました。こちらも同様に、チタニウム製のケース、ルテニウム文字盤が採用されていました。
この時計はニューヨーク、パリ、東京、ジュネーブ、香港、そしてボカラトンの6つのブティックで販売されました。
技術仕様
ムーブメント :
  • 手巻き :
  • 18Kローズゴールド製ムーブメント : 石数:50石
ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 34.40mm
  • ケーシング直径 : 34.00mm
  • ムーブメント全高 : 5.60mm
  • 巻き芯までの高さ : 2.69mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S1.20mm
  • :
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし 
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへレーザーによって固定

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・cm2

拘束角 :

    52°

振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約320°
    24時間後水平姿勢 約280°

脱進機 :

    インラインレバー脱進機、15枚歯のガンギ車

表示 :

    中心に配置された時分針
    10時位置に1秒積算計
    2時位置に20秒積算計
    6時位置に10分積算計

クロノグラフ :

    クロノグラフ輪列は時刻輪列と同じ香箱によって駆動される
    1/100秒のクロノグラフ
    パワーリザーブ:
    クロノグラフ停止時は80時間以上
    クロノグラフ作動時は24時間

装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ(サーキュラー)仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

その他の特徴 :

    ロッカーアームによってスタート、ストップ、リセットのクロノグラフ機能の操作
    3つのポジションを持つリューズ
    ポジション1:機能なし
    ポジション2:巻上げ(引き出して巻き上げ)
    ポジション3:時刻調整

部品点数 :

    ムーブメント:284
    ケースにストラップを取り付けた状態 :324


ムーブメントについて
Brevet - 特許 – クロノグラフ N°: EP 07405107 | ロッカーアーム N°: EP 1818734 A1 
技術詳細

手巻き機械式クロノグラフムーブメントのサイズは15リーニュ×5.60mm、21,600振動/時、ベースプレートとブリッジは18Kローズゴールドで製作されています。
サンティグラフは1/100秒から10分までの時間の流れを表示することができます。
比類ないこのクロノグラフムーブメントのために、F.P.ジュルヌはリュウズの上下にある従来のプッシュボタンの代わりに2時位置のケース側面に組み込まれたロッカーアームによってスタート、ストップ、リセットが行われるシステムを開発しました。そして、クロノグラフを通常の時刻表示機構から独立して作動させるため、クロノグラフの作動時もバランスホイールの振り角にはほとんど影響を及ぼすことはありません。これら2つの革新は特許を取得しています。

  • 2008年 金の針賞受賞 「ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ」