クロノメーター・ブルー
クロノメーター・スヴラン
クロノメーター・スヴラン ハバナ
クロノメーター・レゾナンス
クロノメーター・オプティマム
レペティション・スヴラン
トゥールビヨン・スヴラン
Collection スヴラン・コレクション

限界を超えた技術的なウォッチメイキングの完成形

トゥールビヨン・スヴラン キャリバー1403

ホワイトゴールドとスターリングシルバー製文字盤
ブルースティール針
プラチナ製ケース(直径40mm/厚み9.90mm)
バリエーション
ホワイトゴールドとスターリングシルバー製文字盤
ブルースティール針
プラチナ製ケース(直径40mm/厚み9.90mm)
キャリバー1403
技術仕様
ムーブメント :
  • 手巻き : 全巻きにはリューズを20回転
  • 18Kローズゴールド製ムーブメント : 石数:26石
表示 :

    3時位置にオフセットされた時分針
    6時位置にスモールセコンド
    12時位置にパワーリザーブインジケーター

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 32.40mm
  • ケーシングした状態での直径 : 32.00mm
  • ケーシングした状態での全高 : 7.15mm
  • 巻き芯までの高さ : 2.53mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S1.20mm
  • ケース直径 : 38 mm / 40.00 mm
  • ケース高さ : 9.9 mm
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    90度のアンクル
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    フィリップカーブ付ヘアスプリング
    固定式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    ヘアスプリングはコレットへピンによって伝統的に固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

その他の特徴 :

    ルモントワール機構とデッドビートセコンドが付いたトゥールビヨン
    2つのポジションを持つリューズ
    リューズのポジション2で時刻調整

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :
  • 慣性 : 11.00 mg・cm2
  • 拘束角 : 52°
振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約280°
    24時間後水平姿勢 約280°

パワーリザーブ :

    約42時間

石数 :

    26石

装飾 :

    ペルラージュ仕上げを施したブリッジ
    コート・ド・ジュネーブ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント:193
    ケースにストラップを取り付けた状態 :218


ムーブメントについて
Brevet - 特許− BREVET - EP 1 760 544 A1 | EP 03405772.9
技術詳細

ルモントワール機構を構成する(1)第2輪列は(2)レバー上に組まれ、これがトゥールビヨンの(3)ケージを同心に旋回します。このレバーは、秒針(4)を備える第1輪列を止め、定力ばね(5)が脱進機にエネルギーを与えるときに香箱の力を伝達します。この脱進機が第2輪列に1秒間エネルギーを伝えている間、第1輪列により定力ばねに力が蓄えられるのです。

ルモントワール機構とは?
トゥールビヨン・スヴランの場合、ルモントワール機構は水の流量を調整することによりプロペラに一定のエネルギーを供給するダムと比較することが出来ます。実際、ルモントワール機構は調整の高い安定性のため、脱進機の圧力を調整するのです。調整用のイナーシャウエイトにより、旋回半径を調整し21,600振動/時で鼓動する特殊な4本アームのバランスホイールに最適な精度をもたらします。
ローズゴールドとスターリングシルバー製文字盤
ブルースティール針
18Kローズゴールド製ケース(直径40mm/厚み9.90mm)
キャリバー1403
技術仕様
ムーブメント :
  • 手巻き : 全巻きにはリューズを20回転
  • 18Kローズゴールド製ムーブメント : 石数:26石
表示 :

    3時位置にオフセットされた時分針
    6時位置にスモールセコンド
    12時位置にパワーリザーブインジケーター

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 32.40mm
  • ケーシングした状態での直径 : 32.00mm
  • ケーシングした状態での全高 : 7.15mm
  • 巻き芯までの高さ : 2.53mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S1.20mm
  • ケース直径 : 38 mm / 40.00 mm
  • ケース高さ : 9.9 mm
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    90度のアンクル
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    フィリップカーブ付ヘアスプリング
    固定式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    ヘアスプリングはコレットへピンによって伝統的に固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

その他の特徴 :

    ルモントワール機構とデッドビートセコンドが付いたトゥールビヨン
    2つのポジションを持つリューズ
    リューズのポジション2で時刻調整

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :
  • 慣性 : 11.00 mg・cm2
  • 拘束角 : 52°
振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約280°
    24時間後水平姿勢 約280°

パワーリザーブ :

    約42時間

石数 :

    26石

装飾 :

    ペルラージュ仕上げを施したブリッジ
    コート・ド・ジュネーブ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント:193
    ケースにストラップを取り付けた状態 :218


ムーブメントについて
Brevet - 特許− BREVET - EP 1 760 544 A1 | EP 03405772.9
技術詳細

ルモントワール機構を構成する(1)第2輪列は(2)レバー上に組まれ、これがトゥールビヨンの(3)ケージを同心に旋回します。このレバーは、秒針(4)を備える第1輪列を止め、定力ばね(5)が脱進機にエネルギーを与えるときに香箱の力を伝達します。この脱進機が第2輪列に1秒間エネルギーを伝えている間、第1輪列により定力ばねに力が蓄えられるのです。

ルモントワール機構とは?
トゥールビヨン・スヴランの場合、ルモントワール機構は水の流量を調整することによりプロペラに一定のエネルギーを供給するダムと比較することが出来ます。実際、ルモントワール機構は調整の高い安定性のため、脱進機の圧力を調整するのです。調整用のイナーシャウエイトにより、旋回半径を調整し21,600振動/時で鼓動する特殊な4本アームのバランスホイールに最適な精度をもたらします。
ホワイトゴールドとスターリングシルバー製文字盤
ブルースティール針
プラチナ製ケース(直径40mm/厚み9.90mm)とブレスレット
キャリバー1403
技術仕様
ムーブメント :
  • 手巻き : 全巻きにはリューズを20回転
  • 18Kローズゴールド製ムーブメント : 石数:26石
表示 :

    3時位置にオフセットされた時分針
    6時位置にスモールセコンド
    12時位置にパワーリザーブインジケーター

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 32.40mm
  • ケーシングした状態での直径 : 32.00mm
  • ケーシングした状態での全高 : 7.15mm
  • 巻き芯までの高さ : 2.53mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S1.20mm
  • ケース直径 : 38 mm / 40.00 mm
  • ケース高さ : 9.9 mm
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    90度のアンクル
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    フィリップカーブ付ヘアスプリング
    固定式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    ヘアスプリングはコレットへピンによって伝統的に固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

その他の特徴 :

    ルモントワール機構とデッドビートセコンドが付いたトゥールビヨン
    2つのポジションを持つリューズ
    リューズのポジション2で時刻調整

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :
  • 慣性 : 11.00 mg・cm2
  • 拘束角 : 52°
振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約280°
    24時間後水平姿勢 約280°

パワーリザーブ :

    約42時間

石数 :

    26石

装飾 :

    ペルラージュ仕上げを施したブリッジ
    コート・ド・ジュネーブ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント:193
    ケースにストラップを取り付けた状態 :218


ムーブメントについて
Brevet - 特許− BREVET - EP 1 760 544 A1 | EP 03405772.9
技術詳細

ルモントワール機構を構成する(1)第2輪列は(2)レバー上に組まれ、これがトゥールビヨンの(3)ケージを同心に旋回します。このレバーは、秒針(4)を備える第1輪列を止め、定力ばね(5)が脱進機にエネルギーを与えるときに香箱の力を伝達します。この脱進機が第2輪列に1秒間エネルギーを伝えている間、第1輪列により定力ばねに力が蓄えられるのです。

ルモントワール機構とは?
トゥールビヨン・スヴランの場合、ルモントワール機構は水の流量を調整することによりプロペラに一定のエネルギーを供給するダムと比較することが出来ます。実際、ルモントワール機構は調整の高い安定性のため、脱進機の圧力を調整するのです。調整用のイナーシャウエイトにより、旋回半径を調整し21,600振動/時で鼓動する特殊な4本アームのバランスホイールに最適な精度をもたらします。
ローズゴールドとスターリングシルバー製文字盤
ブルースティール針
18Kローズゴールド製ケース(直径40mm/厚み9.90mm)とブレスレット
キャリバー1403
技術仕様
ムーブメント :
  • 手巻き : 全巻きにはリューズを20回転
  • 18Kローズゴールド製ムーブメント : 石数:26石
表示 :

    3時位置にオフセットされた時分針
    6時位置にスモールセコンド
    12時位置にパワーリザーブインジケーター

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 32.40mm
  • ケーシングした状態での直径 : 32.00mm
  • ケーシングした状態での全高 : 7.15mm
  • 巻き芯までの高さ : 2.53mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S1.20mm
  • ケース直径 : 38 mm / 40.00 mm
  • ケース高さ : 9.9 mm
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    90度のアンクル
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    フィリップカーブ付ヘアスプリング
    固定式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    ヘアスプリングはコレットへピンによって伝統的に固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

その他の特徴 :

    ルモントワール機構とデッドビートセコンドが付いたトゥールビヨン
    2つのポジションを持つリューズ
    リューズのポジション2で時刻調整

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :
  • 慣性 : 11.00 mg・cm2
  • 拘束角 : 52°
振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約280°
    24時間後水平姿勢 約280°

パワーリザーブ :

    約42時間

石数 :

    26石

装飾 :

    ペルラージュ仕上げを施したブリッジ
    コート・ド・ジュネーブ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント:193
    ケースにストラップを取り付けた状態 :218


ムーブメントについて
Brevet - 特許− BREVET - EP 1 760 544 A1 | EP 03405772.9
技術詳細

ルモントワール機構を構成する(1)第2輪列は(2)レバー上に組まれ、これがトゥールビヨンの(3)ケージを同心に旋回します。このレバーは、秒針(4)を備える第1輪列を止め、定力ばね(5)が脱進機にエネルギーを与えるときに香箱の力を伝達します。この脱進機が第2輪列に1秒間エネルギーを伝えている間、第1輪列により定力ばねに力が蓄えられるのです。

ルモントワール機構とは?
トゥールビヨン・スヴランの場合、ルモントワール機構は水の流量を調整することによりプロペラに一定のエネルギーを供給するダムと比較することが出来ます。実際、ルモントワール機構は調整の高い安定性のため、脱進機の圧力を調整するのです。調整用のイナーシャウエイトにより、旋回半径を調整し21,600振動/時で鼓動する特殊な4本アームのバランスホイールに最適な精度をもたらします。
時計の表示
時計の表示
時計の表示
時計の表示
時計について
トゥールビヨン・スヴランの新しい世代

1999年フランソワ-ポール・ジュルヌは、スヴラン・コレクション最初のモデルで、同時に唯一腕時計でルモントワール機構を搭載したトゥールビヨン・スヴランを発表し、自身のブランドF.P.ジュルヌ-INVENIT ET FECIT-を創業しました。

フランソワ-ポール・ジュルヌが-INVENIT ET FECIT(発明し、製作した)-この機構は、比類ない計時性能を備えたトゥールビヨンで、現在でも精度の基準となっている作品です。

計時性の探求と創作意欲から、フランソワ-ポール・ジュルヌはトゥールビヨン・スヴランの新しい世代のモデルを発表します。それは、デッドビートセコンド付きのルモントワール機構トゥールビヨン・スヴランです。

ルモントワール機構トゥールビヨン・スヴランの代わりとして、新しいモデルがコレクションに加わります。
この最初のトゥールビヨンのモデルは、数百本しか製作されなかったため、希少なコレクターピースとなっています。

新しいトゥールビヨン・スヴランはF.P.ジュルヌ-INVENIT ET FECIT-の作品にふさわしい技術仕様と基準を備えており、その計時精度のためブランドが大切にするルモントワール機構を搭載し、“デッドビートセコンド”機構から恩恵を受けています。現代的な腕時計では唯一となるこの複雑機構により、優れた精度で時間を読み取ることができます。“デッドビートセコンド”とは、1秒に完全に達していない間は秒針が不動状態にあり、1秒が実際に経過した時点で針が秒表示をします。

18Kローズゴールドで製作されたその比類ない手巻きムーブメントは、直径40mmケースの裏側のサファイアクリスタルからご覧頂くことができます。

文字盤は時計の顔としてF.P.ジュルヌ独自の特徴を備え、18Kゴールド(ローズもしくはホワイト)製です。ギョーシェが施された時刻表示用インダイヤルはスターリングシルバー製で、時計の表側にネジで留められています(特許取得)。約42時間のパワーリザーブ表示は12時位置に配置され、6時位置のデッドビートセコンド表示と完璧な均衡を取っています。

ローズゴールド製ケースもご用意しております。レザーストラップにプラチナもしくはローズゴールド製の尾錠または、同素材のディプロイメントバックル付きのブレスレット。
技術仕様
ムーブメント :
  • 手巻き : 全巻きにはリューズを20回転
  • 18Kローズゴールド製ムーブメント : 石数:26石
表示 :

    3時位置にオフセットされた時分針
    6時位置にスモールセコンド
    12時位置にパワーリザーブインジケーター

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 32.40mm
  • ケーシングした状態での直径 : 32.00mm
  • ケーシングした状態での全高 : 7.15mm
  • 巻き芯までの高さ : 2.53mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S1.20mm
  • ケース直径 : 38 mm / 40.00 mm
  • ケース高さ : 9.9 mm
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    90度のアンクル
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    フィリップカーブ付ヘアスプリング
    固定式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    ヘアスプリングはコレットへピンによって伝統的に固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

その他の特徴 :

    ルモントワール機構とデッドビートセコンドが付いたトゥールビヨン
    2つのポジションを持つリューズ
    リューズのポジション2で時刻調整

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :
  • 慣性 : 11.00 mg・cm2
  • 拘束角 : 52°
振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約280°
    24時間後水平姿勢 約280°

パワーリザーブ :

    約42時間

石数 :

    26石

装飾 :

    ペルラージュ仕上げを施したブリッジ
    コート・ド・ジュネーブ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント:193
    ケースにストラップを取り付けた状態 :218


ムーブメントについて
Brevet - 特許− BREVET - EP 1 760 544 A1 | EP 03405772.9
技術詳細

ルモントワール機構を構成する(1)第2輪列は(2)レバー上に組まれ、これがトゥールビヨンの(3)ケージを同心に旋回します。このレバーは、秒針(4)を備える第1輪列を止め、定力ばね(5)が脱進機にエネルギーを与えるときに香箱の力を伝達します。この脱進機が第2輪列に1秒間エネルギーを伝えている間、第1輪列により定力ばねに力が蓄えられるのです。

ルモントワール機構とは?
トゥールビヨン・スヴランの場合、ルモントワール機構は水の流量を調整することによりプロペラに一定のエネルギーを供給するダムと比較することが出来ます。実際、ルモントワール機構は調整の高い安定性のため、脱進機の圧力を調整するのです。調整用のイナーシャウエイトにより、旋回半径を調整し21,600振動/時で鼓動する特殊な4本アームのバランスホイールに最適な精度をもたらします。

  • 2004年 金の針賞受賞 「ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリ」