クロノメーター・ブルー
クロノメーター・スヴラン
クロノメーター・スヴラン ハバナ
クロノメーター・レゾナンス
クロノメーター・オプティマム
レペティション・スヴラン
トゥールビヨン・スヴラン
Collection スヴラン・コレクション

限界を超えた技術的なウォッチメイキングの完成形

レペティション・スヴラン キャリバー1408

中央にギョーシェが施されたスターリングシルバー製文字盤
ブルースティール針
ステンレススティール製ケース(直径40mm/厚み8.8mm)
バリエーション
中央にギョーシェが施されたスターリングシルバー製文字盤
ブルースティール針
ステンレススティール製ケース(直径40mm/厚み8.8mm)
キャリバー1408
技術仕様
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

その他の特徴 :

    並列に配置された2つの香箱
    2つのポジションを持つリューズ
    リューズのポジション2で時刻調整

表示 :

    中心に配置された時分針
    7時30分位置にスモールセコンド
    3時位置にパワーリザーブインジケーター
    チャイム機能のハンマーが見える

ムーブメントのサイズ :

    ムーブメント直径 32.20mm
    ムーブメント全高 4.00mm

ムーブメント :

    手巻き
    18Kローズゴールド製ムーブメント
    全巻きにはリューズを38回転

寸法 :
  • ムーブメント径 : 31.6 mm
  • ムーブメント全高 : 4.00 mm
  • 針まで含めた高さ : 4.64 mm
  • 石数 : 33石
テンワ :

    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・cm2

拘束角 :

    52°

振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約320°
    24時間後水平姿勢 約280°

パワーリザーブ :

    約56時間

装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    3Dエングレーブ
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント:312
    ケースにストラップを取り付けた状態 :346
    石数:33石


ムーブメントについて
Brevet - 特許 - EP 1 760 549 A1 − WO 2 009 121 198 A1
技術詳細

レペティション・スヴランの特許取得済み機構

2つの重要な発明により、超薄型のこの斬新なリピータームーブメントを設計することが出来ました。

ひとつは、ソヌリ・スヴレンヌと同様の薄い板状のゴングで、従来のゴングに比べてより大きく、澄み切った音色を生み出すことができます。従来のリピーターはゴングをムーブメントの外周に組み込んでいますが、このモデルは文字盤の下にこれらのゴングを配置した設計のために大きなスペースを確保する事が可能となりました。

ふたつめは、革新的なくし歯システムとハンマーを採用することで、一般的なシステムよりも必要とする空間が大幅に節減されました。

他のミニッツリピーターとは違い、F.P.ジュルヌのレペティション・スヴランは1つのハンマーで時間と分の両方を鳴らします。これにより、クオーターのチャイムが鳴らない場合(例えば1時14分)、時間と分のチャイムの間には、自動的に休止が挿入されます。クオーター毎のチャイムは、従来通り2つの異なった音を出すゴングにより鳴らされます。チャイムの鳴る速度を制御するために慣性式調速機(ガバナー)を採用し、従来のアンクル式の調速機から発生するノイズをなくしています。
時計の表示
時計について
極めて薄型で軽量のミニッツリピーター

ミニッツリピーターはグラン・ソヌリに続いて、2番目に高度な複雑機能といえるでしょう。高いレベルの技術および知識と組み立てを行う時計師の芸術的センスも必要です。厚さ僅か4.00mmという極めて薄いムーブメントを実現するためには、独創的で斬新な設計が必要でした。

外見からでは想像することが出来ないと思いますが、ブルースティール針で美しく飾られたスターリングシルバーのシンプルな文字盤の背景には、複雑な機構が隠れているのです。クロノメーター・スヴランのように文字盤の9時と10時位置の間のオープンワークは、チャイムのハンマーを覗かせています。ケース側面に巧みに備えられた刻みの入ったレバーを引くことにより、これらのハンマーが時間、クオーター、分を鳴らす様子をご覧いただけます。このF.P.ジュルヌ独自の機構は2つの特許を取得しています。

この非常に薄い18Kローズゴールドのムーブメントを収めるのはステンレススティール製のケースですが、この時計はストラップを含んでも69.6グラムと驚きの軽さです。レペティション・スヴランは、世界で最も軽い複雑時計のひとつでしょう。

ストライキング機構を備えた時計のため、例外的にF.P.ジュルヌはプラチナやローズゴールドのような貴金属は使用しませんでした。ステンレススティールの結晶構造を使うことで、より良い音の伝達を確保できるからです。

2つの重要な発明により、超薄型の斬新なリピータームーブメントを設計することが可能となりました。

ひとつは、ソヌリ・スヴレンヌと同様の薄い板状のゴングで、従来のゴングに比べてより大きく、澄み切った音色を生み出すことができます。

ふたつめは、革新的なくし歯システムとハンマーを採用することで、一般的なシステムよりも必要とする空間が大幅に節減されました。

F.P.ジュルヌのスタイルがコピーされることもありますが、その技術の複雑さを真似するのは容易ではありません。時計の複雑機構のレベルでは最難度を極めるグラン・ソヌリを製作したからこそ、フランソワ-ポール・ジュルヌはもう一つの比類ない作品となる初めての超薄型ミニッツリピーター腕時計を作り出すことが出来たのです。
技術仕様
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

その他の特徴 :

    並列に配置された2つの香箱
    2つのポジションを持つリューズ
    リューズのポジション2で時刻調整

表示 :

    中心に配置された時分針
    7時30分位置にスモールセコンド
    3時位置にパワーリザーブインジケーター
    チャイム機能のハンマーが見える

ムーブメントのサイズ :

    ムーブメント直径 32.20mm
    ムーブメント全高 4.00mm

ムーブメント :

    手巻き
    18Kローズゴールド製ムーブメント
    全巻きにはリューズを38回転

寸法 :
  • ムーブメント径 : 31.6 mm
  • ムーブメント全高 : 4.00 mm
  • 針まで含めた高さ : 4.64 mm
  • 石数 : 33石
テンワ :

    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・cm2

拘束角 :

    52°

振り角 :

    全巻き上げ水平姿勢 約320°
    24時間後水平姿勢 約280°

パワーリザーブ :

    約56時間

装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    3Dエングレーブ
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント:312
    ケースにストラップを取り付けた状態 :346
    石数:33石


ムーブメントについて
Brevet - 特許 - EP 1 760 549 A1 − WO 2 009 121 198 A1
技術詳細

レペティション・スヴランの特許取得済み機構

2つの重要な発明により、超薄型のこの斬新なリピータームーブメントを設計することが出来ました。

ひとつは、ソヌリ・スヴレンヌと同様の薄い板状のゴングで、従来のゴングに比べてより大きく、澄み切った音色を生み出すことができます。従来のリピーターはゴングをムーブメントの外周に組み込んでいますが、このモデルは文字盤の下にこれらのゴングを配置した設計のために大きなスペースを確保する事が可能となりました。

ふたつめは、革新的なくし歯システムとハンマーを採用することで、一般的なシステムよりも必要とする空間が大幅に節減されました。

他のミニッツリピーターとは違い、F.P.ジュルヌのレペティション・スヴランは1つのハンマーで時間と分の両方を鳴らします。これにより、クオーターのチャイムが鳴らない場合(例えば1時14分)、時間と分のチャイムの間には、自動的に休止が挿入されます。クオーター毎のチャイムは、従来通り2つの異なった音を出すゴングにより鳴らされます。チャイムの鳴る速度を制御するために慣性式調速機(ガバナー)を採用し、従来のアンクル式の調速機から発生するノイズをなくしています。