オクタ・オートマチック リザーブ
オクタ・オートマチック リザーブ ハバナ
Octa Automatique
Octa Lune
Octa Divine
Octa Calendrier
Octa Chronographe
OCTA Collection
Discover the Octa collection pieces that have made the reputation of F.P. Journe

オクタ・オートマチック リザーブ ハバナ キャリバー 1300.3

中央にギョーシェの施されたハバナカラーのスターリングシルバー製文字盤
プラチナ製ケース(直径40mm/厚み10.6mm)
バリエーション
中央にギョーシェの施されたハバナカラーのスターリングシルバー製文字盤
プラチナ製ケース(直径40mm/厚み10.6mm)
キャリバー 1300.3
技術仕様
表示 :

    中心に配置された時分針
    4時30分位置にスモールセコンド
    大型日付表示
    9時位置にパワーリザーブインジケーター

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 30.80mm
  • ケーシング直径 : 30.40mm
  • ムーブメント全高 : 5.70mm
  • 巻き芯までの高さ : 3.00mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S0.90mm
  • ケース径 : 40.00 mm
  • Epaisseur totale : 10.6 mm
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

巻き上げ速度 :

    1日に反時計回りで274回転

その他の特徴 :

    瞬時切り替え方式カレンダー
    3ポジションのリューズ
    リューズのポジション2の時計回りで日付調整
    リューズのポジション3で時刻調整
    スリップ方式の主ゼンマイ
    オフセットされたローター

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・㎠
    拘束角 52°

振り角 :

    12時間後水平姿勢 約280°
    90時間後水平姿勢 約220°

パワーリザーブ :

    120時間以上

石数 :

    40石

装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ(サーキュラー)仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント 259
    ケースにストラップを取り付けた状態 293


ムーブメントについて
Brevet - 特許 - EP 1 760 544 A1
技術詳細

• 片方向巻き上げ式22Kローズゴールド製ローター
• ロングパワーリザーブの香箱
• 4つの調整用イナーシャウエイト
• クロノメーター用大型バランスホイール

従来ロングパワーリザーブの時計は、設計上バランスホイールが小さくなるため、ショックや外因などに敏感になってしまうというデメリットが存在しました。

オクタ・ムーブメントの省スペース設計により、バランスホイールを10.1mmにまで大きくすることができました。したがって慣性質量も大きくなり、安定性は飛躍的に向上しました。緩急針なしのクロノメーター用バランスホイールは、21,600振動/時を生み出します。それぞれのバランスホイールは、時計の5姿勢において動的に調整が施されます。イナーシャウエイトはバランスホイールの有効半径を変化させ、ひげゼンマイを調整することなく進みや遅れを調整することができます。

クロノメーターとして組み上げられたオクタは、(腕から外した状態で)120時間駆動します。1mもの長さの主ゼンマイは850gのトルクを生み出し、120時間後でも振り角の減少は25%以内に抑えられています。
時計は5日(120時間経過)後も30時間ほど駆動しますが、クロノメーターとしての精度は保証されません。
時計の表示
時計について
F.P.ジュルヌはプラチナケース40mmのオクタ・オートマチック リザーブならびにオクタ・オートマチック リュヌのために温かみのある新しい文字盤を製作しました。文字盤の色に合わせたアリゲーターストラップにはキャラメル色を採用し一体感を演出しています。

完全に自由なクリエーションを保証するメゾンの独立性により可能となった、F.P.ジュルヌ専用のユニークな調色です。

この文字盤はF.P.ジュルヌが所有するダイヤル工房カドラニエジュネーブが、数か月もの時間を費やす工程を経て開発製作されました。ゴールドとルテニウムを何度も調整しながら精密な用量で配合しなければ、このように深くて鮮烈な色合いは出せません。

この2つのモデルは快適さ、革新、そして信頼性を持ち合わせ、時計の理想を象徴しています。
1mの長さの主ゼンマイを持ち、片方向巻き上げ式で卓越した巻き上げ効率の22Kローズゴールド製のオフセットされたローターにより、5日間以上のロングパワーリザーブを保証し使いやすさを提供します。

オクタ・オートマチック リュヌは、専用輪列により高精度なムーンフェイズ表示を可能にしています。
全ての調整は、リューズから簡単に行うことができます。
これらの時計は、プラチナ製ブレスレットでもご用意しております。
技術仕様
表示 :

    中心に配置された時分針
    4時30分位置にスモールセコンド
    大型日付表示
    9時位置にパワーリザーブインジケーター

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 30.80mm
  • ケーシング直径 : 30.40mm
  • ムーブメント全高 : 5.70mm
  • 巻き芯までの高さ : 3.00mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S0.90mm
  • ケース径 : 40.00 mm
  • Epaisseur totale : 10.6 mm
主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

巻き上げ速度 :

    1日に反時計回りで274回転

その他の特徴 :

    瞬時切り替え方式カレンダー
    3ポジションのリューズ
    リューズのポジション2の時計回りで日付調整
    リューズのポジション3で時刻調整
    スリップ方式の主ゼンマイ
    オフセットされたローター

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・㎠
    拘束角 52°

振り角 :

    12時間後水平姿勢 約280°
    90時間後水平姿勢 約220°

パワーリザーブ :

    120時間以上

石数 :

    40石

装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ(サーキュラー)仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

部品点数 :

    ムーブメント 259
    ケースにストラップを取り付けた状態 293


ムーブメントについて
Brevet - 特許 - EP 1 760 544 A1
技術詳細

• 片方向巻き上げ式22Kローズゴールド製ローター
• ロングパワーリザーブの香箱
• 4つの調整用イナーシャウエイト
• クロノメーター用大型バランスホイール

従来ロングパワーリザーブの時計は、設計上バランスホイールが小さくなるため、ショックや外因などに敏感になってしまうというデメリットが存在しました。

オクタ・ムーブメントの省スペース設計により、バランスホイールを10.1mmにまで大きくすることができました。したがって慣性質量も大きくなり、安定性は飛躍的に向上しました。緩急針なしのクロノメーター用バランスホイールは、21,600振動/時を生み出します。それぞれのバランスホイールは、時計の5姿勢において動的に調整が施されます。イナーシャウエイトはバランスホイールの有効半径を変化させ、ひげゼンマイを調整することなく進みや遅れを調整することができます。

クロノメーターとして組み上げられたオクタは、(腕から外した状態で)120時間駆動します。1mもの長さの主ゼンマイは850gのトルクを生み出し、120時間後でも振り角の減少は25%以内に抑えられています。
時計は5日(120時間経過)後も30時間ほど駆動しますが、クロノメーターとしての精度は保証されません。