オクタ・スポーツ チタニウム
サンティグラフ・スポーツ チタニウム
Collection ラインスポーツ・コレクション
ハイレベルなスポーツを実践する人々のために特別に考案し設計

オクタ・スポーツ チタニウム キャリバー 1300.3

アルミニウム合金とサファイアクリスタル製文字盤
スーパールミノバが塗布されたステンレススティール針と赤と白でラッカー仕上げされたチタニウム針
ラバーインサート装着のチタニウム製ケース(ケース直径42mm/厚み11.6mm)およびブレスレット
バリエーション
アルミニウム合金とサファイアクリスタル製文字盤
スーパールミノバが塗布されたステンレススティール針と赤と白でラッカー仕上げされたチタニウム針
ラバーインサート装着のチタニウム製ケース(ケース直径42mm/厚み11.6mm)およびブレスレット
キャリバー 1300.3
技術仕様
ムーブメント :

    片方向巻上げ式自動巻き
    アルミニウム合金製ムーブメント

主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

表示 :

    中心に配置された時分針
    6時位置にスモールセコンド
    9時位置にデイ/ナイト表示
    10時30分位置にパワーリザーブインジケーター
    1時位置に大型日付表示

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 30.80mm
  • ケーシング直径 : 30.40mm
  • ムーブメント全高 : 5.70mm
  • 巻き芯までの高さ : 3.00mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S0.90mm
装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ(サーキュラー)仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

その他の特徴 :

    瞬時切り替え方式カレンダー
    3ポジションのリューズ
    リューズのポジション1の時計回りで巻き上げ
    リューズのポジション2の反時計回りで日付調整
    リューズのポジション3で時刻調整
    スリップ方式の主ゼンマイ
    オフセットされタングステン分銅が付いたチタニウムローター

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・cm2

拘束角 :

    52°

振り角 :

    12時間後水平姿勢 約280°
    90時間後水平姿勢 約220°

パワーリザーブ :

    120時間以上

巻き上げ速度 :

    1日に反時計回りで274回転


ムーブメントについて
Brevet - 特許 - EP 1 760 544 A1
技術詳細

従来ロングパワーリザーブの時計は、設計上バランスホイールが小さくなるため、ショックや外因などに敏感になってしまうというデメリットが存在しました。

オクタ・ムーブメントの省スペース設計により、バランスホイールを10.1mmにまで大きくすることができました。したがって慣性質量も大きくなり、安定性は飛躍的に向上しました。緩急針なしのクロノメーター用バランスホイールは、21,600振動/時を生み出します。それぞれのバランスホイールは、時計の5姿勢において動的に調整が施されます。イナーシャウエイトはバランスホイールの有効半径を変化させ、ひげゼンマイを調整することなく進みや遅れを調整することができます。

クロノメーターとして組み上げられたオクタは120時間駆動します。1mもの長さの主ゼンマイは850gのトルクを生み出し、120時間後でも振り角の減少は25%以内に抑えられています。
時計は5日(120時間経過)後も30時間ほど駆動しますが、クロノメーターとしての精度は保証されません。
アルミニウム合金とサファイアクリスタル製文字盤
スーパールミノバが塗布されたステンレススティール針と赤と白でラッカー仕上げされたチタニウム針
ラバーインサート装着のチタニウム製ケース(ケース直径42mm/厚み11.6mm)
ラバーストラップ
キャリバー 1300.3
技術仕様
ムーブメント :

    片方向巻上げ式自動巻き
    アルミニウム合金製ムーブメント

主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

表示 :

    中心に配置された時分針
    6時位置にスモールセコンド
    9時位置にデイ/ナイト表示
    10時30分位置にパワーリザーブインジケーター
    1時位置に大型日付表示

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 30.80mm
  • ケーシング直径 : 30.40mm
  • ムーブメント全高 : 5.70mm
  • 巻き芯までの高さ : 3.00mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S0.90mm
装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ(サーキュラー)仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

その他の特徴 :

    瞬時切り替え方式カレンダー
    3ポジションのリューズ
    リューズのポジション1の時計回りで巻き上げ
    リューズのポジション2の反時計回りで日付調整
    リューズのポジション3で時刻調整
    スリップ方式の主ゼンマイ
    オフセットされタングステン分銅が付いたチタニウムローター

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・cm2

拘束角 :

    52°

振り角 :

    12時間後水平姿勢 約280°
    90時間後水平姿勢 約220°

パワーリザーブ :

    120時間以上

巻き上げ速度 :

    1日に反時計回りで274回転


ムーブメントについて
Brevet - 特許 - EP 1 760 544 A1
技術詳細

従来ロングパワーリザーブの時計は、設計上バランスホイールが小さくなるため、ショックや外因などに敏感になってしまうというデメリットが存在しました。

オクタ・ムーブメントの省スペース設計により、バランスホイールを10.1mmにまで大きくすることができました。したがって慣性質量も大きくなり、安定性は飛躍的に向上しました。緩急針なしのクロノメーター用バランスホイールは、21,600振動/時を生み出します。それぞれのバランスホイールは、時計の5姿勢において動的に調整が施されます。イナーシャウエイトはバランスホイールの有効半径を変化させ、ひげゼンマイを調整することなく進みや遅れを調整することができます。

クロノメーターとして組み上げられたオクタは120時間駆動します。1mもの長さの主ゼンマイは850gのトルクを生み出し、120時間後でも振り角の減少は25%以内に抑えられています。
時計は5日(120時間経過)後も30時間ほど駆動しますが、クロノメーターとしての精度は保証されません。
時計の表示
時計の表示
時計について
ラインスポーツ・コレクションを強化するために、F.P.ジュルヌはアルミニウム製のムーブメントを搭載したオクタのチタニウムバージョンを製作しました。ハイレベルなスポーツを実践する人々のために特別に考案された、驚くほど軽い時計です。

F.P.ジュルヌの時計をこよなく愛しマラソンやトライアスロンの競技に参加する一人の偉大なコレクターからインスパイアされたこのレクションは、本格的な高級時計製作に基づいたムーブメントを搭載した軽いスポーツウォッチが欲しいとの要望を受けてアイデアが生まれました。

F.P.ジュルヌは自社のキャリバーを搭載するため、非常に軽くて耐久性があり、しかも高級時計にふさわしい特性を備えた素材を求めて長い間研究を続けてきました。オクタ・オートマチック リザーブ スポーツには、スポーツライン専用のアルミニウム合金製の新ムーブメントを開発しました。この極めて軽量な時計は、総重量がラバーストラップを含めても60グラムという驚くべき軽さです。

F.P.ジュルヌの全てのムーブメントに使用されている18Kローズゴールドからアルミニウムへの移行は、技術的に困難を極めました。更に、見た目の美しさにもこだわり、色合いの完璧なコントラストを実現するための徹底した研究が行われました。

ケース側面とブレスレットのそれぞれのコマの外端には、斬新な方法で緩衝ラバーが装着され、ヴィンテージカーのバンパーのように時計を衝撃から保護します。リューズとブランドのロゴを刻印したチタニウム製ディプロイメント・バックルには、ラバーの表面加工が施されています。

その他、チタニウム製ブレスレットではバックルに内蔵された特殊なシステムにより、半コマ分の長さ±5mm以下の範囲で調整する事ができます。
技術仕様
ムーブメント :

    片方向巻上げ式自動巻き
    アルミニウム合金製ムーブメント

主要な特徴 :

    インラインレバー脱進機、15歯のガンギ車
    4つの調整用イナーシャウエイトが付いたバランスホイール
    アナクロン・フリースプラング・フラットヘアスプリング
    可動式ヒゲ持ち受け
    緩急針なし
    コレットとヘアスプリングはニヴァトロニックのレーザーによって固定
    ヘアスプリングはヒゲ持ちへピンによって固定

表示 :

    中心に配置された時分針
    6時位置にスモールセコンド
    9時位置にデイ/ナイト表示
    10時30分位置にパワーリザーブインジケーター
    1時位置に大型日付表示

ムーブメントのサイズ :
  • ムーブメント直径 : 30.80mm
  • ケーシング直径 : 30.40mm
  • ムーブメント全高 : 5.70mm
  • 巻き芯までの高さ : 3.00mm
  • 巻き芯のネジ部分の直径 : S0.90mm
装飾 :

    コート・ド・ジュネーブ(サーキュラー)仕上げを施したブリッジ
    ペルラージュ仕上げを施したベースプレート
    ネジは面取り、及び先端は研磨仕上げ
    ピンの先端を球状に研磨仕上げ
    スティール製部品は面取り及び研磨仕上げ、表面はヘアライン仕上げ

その他の特徴 :

    瞬時切り替え方式カレンダー
    3ポジションのリューズ
    リューズのポジション1の時計回りで巻き上げ
    リューズのポジション2の反時計回りで日付調整
    リューズのポジション3で時刻調整
    スリップ方式の主ゼンマイ
    オフセットされタングステン分銅が付いたチタニウムローター

振動数 :

    21,600振動/時 3Hz

バランスホイール :

    慣性 10.10 mg・cm2

拘束角 :

    52°

振り角 :

    12時間後水平姿勢 約280°
    90時間後水平姿勢 約220°

パワーリザーブ :

    120時間以上

巻き上げ速度 :

    1日に反時計回りで274回転


ムーブメントについて
Brevet - 特許 - EP 1 760 544 A1
技術詳細

従来ロングパワーリザーブの時計は、設計上バランスホイールが小さくなるため、ショックや外因などに敏感になってしまうというデメリットが存在しました。

オクタ・ムーブメントの省スペース設計により、バランスホイールを10.1mmにまで大きくすることができました。したがって慣性質量も大きくなり、安定性は飛躍的に向上しました。緩急針なしのクロノメーター用バランスホイールは、21,600振動/時を生み出します。それぞれのバランスホイールは、時計の5姿勢において動的に調整が施されます。イナーシャウエイトはバランスホイールの有効半径を変化させ、ひげゼンマイを調整することなく進みや遅れを調整することができます。

クロノメーターとして組み上げられたオクタは120時間駆動します。1mもの長さの主ゼンマイは850gのトルクを生み出し、120時間後でも振り角の減少は25%以内に抑えられています。
時計は5日(120時間経過)後も30時間ほど駆動しますが、クロノメーターとしての精度は保証されません。